山形で段差解消と手すり取り付け工事の事例です。転倒防止や移動に役立つ事から手すり取り付けや段差解消はとても大切な工事です。

敷居の段差
施工前の段差は3センチ。この3センチの段差はご年配の方には結構きついということでご相談を受けました。
段差解消 敷居交換
既存敷居を取り外し、敷居の入れ替え工事を行いました。これに伴い引き違戸の高さも3センチ必要になることから、戸の交換も考えましたが、既存引き違い戸の下端にゲタを履かせ戸の高さを合わせて使うことしました。段差解消の効果は言うまでもありません。
手すり取り付け前
若い時は手すりが無くてもトイレが使えましたがだんだん手すりが必要になったようだとのことでご相談を受けました。

 

手すり取り付け後
トイレの縦手すりの取り付けで大切なのは、便器先端から200㎜から250㎜と言われていますが、その取り付け位置を標準的な高さや位置で決め付けるのではなく実際の使う人によりその位置を合わせて施工するところにあります。また便器先端から200㎜から250㎜とすると手すりの取り付け位置に下地がないことも多いことから壁の補強も考えなければなりません。

バリアフリーリフォームの段差解消や手すり取り付けは安全に生活する上で必要なのでとても重要な工事だと思います。