既築住宅・建築物における高性能建材導入促進事業で補助対象経費の1/3以内で上限一戸当たり150万円の補助を受け断熱改修をしました。工事は大変でしたが、おかげさまで底冷え対策で効果を体感できました。

既存住宅を性能もしっかり考えてフォームしたい場合や、山形のように大きな建物が多く二世帯で住めるように改修リフォームしたいというときはこういった補助は魅力的ですね。上手に活用できればと思います。平成26年の募集は終わってしまいましたが来年またありますように。※この現場は完成後の検査員による検査に選ばれわざわざ東京から来てくれました。

床断熱
床下に潜り気密シート施工途中の状況です。床下に潜り作業するにはとても大変でした。
高性能グラスウール24K品100㎜を施工
床下での断熱工事はお客様が住んでいる状態での工事だったので大変でした。床下の断熱入れの仕事をする場合は、作業スペースや断熱材の搬入経路の確保、室内の養生をしっかり計画していきます。

山形で性能も考えたリフォームをご提案します。中古住宅や二世帯住宅へのリフォームのご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。