山形の夏の暑さ、冬の寒さ対策にリフォームの際、また屋根替えなどするときは検討したいのがブローイング工事。天井ブローイング工事は気流止めを施工した後、天井に断熱工事をします。

Untitled 4
天井ブローイング施工前の元の断熱の状況。昔の建物はグラスール10K品100㎜が多いようですが、山形の気候や冬の寒さ、夏の暑さを考えて快適性を考えると昔はその厚みでよかったかもしれませんが、これからも長く使えるようにするにはブローイング工事がおすすめです。
天井ブローインング厚み300㎜
気流止めをした後、300㎜のブローイングをしました。この工事では作業のために天井点検口を新たに設けることも必要になる時があります。冬場は室内の保温力を体感でき、夏場も暑さ対策に有効です。

リフォームの際は選択肢の一つに天井ブローイング。