木造軸組工法の問題点として下図のような壁天井床の取り合い部で隙間ができることで壁内気流が生じ断熱性能が十分に発揮出来ないということが挙げられます。リフォームすれば暖かくなると思ったけれどもあまり変わらなかったという話を聞くこともありますが、下図のような問題を解決しないままリフォームしたのかもしれません。

冬は寒くて当たり前なので気流止め工事は必要ないと割り切ってリフォームするのなら良いのですが、底冷え対策を含めたリフォームを望んでいたお施主さんが、他社さんでリフォームや断熱改修したあとに弊社で寒さ対策の相談を受けることが多いので少しご説明させていただきます。

 

木造軸組の問題点
木造軸組の問題点として、床下からの冷気が床下から入って断熱性能の低下と結露を引き起こす原因になり、室内側は温度差の大きい居住空間になってしまうことが挙げられます。
気流止めなし
写真は天井と壁の取り合いの部分です。暖かい空気が壁の中を通り冷えた小屋裏で小屋裏結露を引き起こしやすい状況にあります。室内側をリフォームする時はこういった部分にも目を向け対処することが快適さの向上になります。

リフォームで天井や壁を解体しないで気流止め工事をする場合に一つの方法として袋入り圧縮グラスウールによる気流止めがあります。天井と壁を解体したり、構造スケルトンとする場合はこの方法でなく気密シートを連続させるようにしています。

気流止め施工中
実際の気流止め施工中の状況。ポイントは壁の中に気流が発生しないような施工です。間仕切り壁も同様に施工していきます。天井ブローイングの際も気流止めをします。
小屋裏作業中
リフォームの内容に応じて、小屋裏に潜る計画にするケースや室内側から天井を開口し施工するケースもあります。写真は結構キツキツの状況で移動しようとしているところです。

リフォームの内容に応じて見えなくなる部分も検討してご提案いたします。特に断熱改修で真夏に小屋裏に潜って一日作業するのは大変困難なのでできれば春、秋、冬でお願いします。