板金屋根の軒先が錆びたら要注意

屋根の軒先がさびてボロボロになった場合は屋根板金の寿命です。この屋根の軒先のボロボロを避けるためには定期的なサビ止め塗装をすれば長持ちしますが、それでも年数が経てば軒先がさびて劣化してきます。写真のようになると風で屋根が飛ばされることも心配になり、また部分的な板金修理もできますが雨漏り対策を考えるとあまりおすすめはしません。軒先の木部も傷んでいることから屋根の雨漏り防止を第一に計画していきます。

 

屋根替えの時期
屋根の軒先のサビには要注意。錆止め塗装やメンテナンスを忘れずに。

 

そこで、雨漏り防止のため全面葺き替えにするか、部分葺き替えにするかという計画になるのですが、既存の屋根を全部剥がして葺き替えするという方法もありますが、部分的に既存の屋根に新しい屋根を葺き替えるカバールーフというやり方があります。

カバールーフ工法にて部分葺き替え
カバールーフにて屋根の工事をしています。

 

手前側が既存の屋根で奥が新しく葺き替えをした屋根。軒先の傷んだ木部を交換修理し既存の屋根にかぶせる事で全面屋根替えまでしなくても使える部分は使って雨漏り防止ができます。

 雨漏り診断、屋根の診断も承っております。お気軽にご相談ください