Q高断熱高気密住宅とはどんな建物か?

A.日本中のこれまでの住宅は断熱材が入っているにもかかわらず全く効いていませんでした。これをしっかりと効くように施工方法を変えたのが「高断熱高気密住宅」です。断熱を効かせるためにすきま風が入らないようにし気密性が高い建物になり建物が腐らない建物になったのです。

建物の断熱をしっかり効かせて十分な断熱材を使って、窓の性能を確保すれば、これまでよりも少ない暖房費でしかも家中が快適になる住宅にすることができます。これが高断熱高気密住宅です。

残念ですがいまだに、高断熱高気密住宅の間違った情報が溢れています。結露を起こすグラスウールなどの断熱材を使って高性能な発泡プラスチック断熱材をつかった建物が高断熱高気密住宅だという人もいれば、高断熱高気密は夏暑く息苦しい、やめたほうがいい高断熱中気密がいいと本題をそらす方もいます。グラスウールでもしっかりとした施工をすれば結露は起きません。またしっかりと夏場の日射遮蔽を考えないで建てると高断熱高気密住宅は暑くなり冷房のためのエネルギーが確かに増大します。そして理由もなく中気密として施工した場合逆に木材が腐るおそれがあります。

住宅の省エネ基準が改正され今後はこのような間違った情報は少なくなると思います。高断熱高気密住宅は家づくりで当たり前の話なわけです。断熱をしっかり効かせるための施工をされた建物に関しては。