安心安全の構造躯体と断熱気密

弊社では山形の気候に合わせて自然エネルギーの最大活用を考えなるべく設備にたよらない冷暖房方式にしていきます。そのために夏場の日射遮蔽のための軒の出や冬場の日射を取り込む南面の大きな窓や大きな吹き抜けの大空間とすることが多いので全棟構造計算をして安全率を見込んで構造躯体を計画していきます。長期優良住宅仕様も対応できます。

一般的な高断熱高気密住宅(平成25年省エネ基準)の暖房消費量の約半分から四分の1程度のエネルギーで過ごせる建物を推奨しています。結果として一般的な高断熱高機密住宅(平成25年省エネ基準)より設備機器の台数も減り、保温力が格段に向上するので快適な空間となります。新築の場合壁厚は200㎜以上で計画していきます。

快適壁厚200㎜

ハイグレードグラスウールに外張り断熱100㎜に充填断熱100㎜の壁厚200㎜の断熱にて計画していきます。グラスウールを隙間なく充填し気密を施工をすれば結露の心配はありません。また、このくらいの壁厚の建物になると大きな暖房設備が不要になってきます。また夏場は日よけや軒がなければ建物が温まり冷房費が増大します。一般的に軒の出がない場合は夏場必ずエアコンの計画が必要になることだと思います。弊社では冬場と夏場の日射をしっかりと計画しますので夏暑くて過ごせないという事はありません。夏場エアコンなしで過ごされている方もいらっしゃるくらいです。(人によってその体感温度は違います)

山形は同居するケースも多く二世帯で建てる方も多いですが、山形で二世帯のような大きな建物を熱が多く逃げるので建物が大きくなればなるほど建物の断熱性能も考えなければなりませんがこの事はあまり知られていません。山形は夏暑く冬寒い場所です。この山形で冷暖房を設備だけに頼る方法もそれはそれで快適かもしれません。しかし弊社では設備機器にはなるべく頼らない方法で建物の性能の部分にこだわりをもってご提案いたします。設備の寿命はせいぜい10年から15年。それが寿命を迎えた場合また新たに設備投資にコストがかることも考えなければなりません。冬暖かく夏涼しい建物にするには簡単です。問題はその快適環境にするためにいくらコストがかかるかだと思います。

自由設計

お客様一人ひとりにあったお住まいづくりのお手伝いをしたいと考えています。省エネ性の高い建物を造る事だけを追求すると間取りに制限がかかることがあります。例えば、暖房エネルギーを減らす事だけを考えれば冬場の日射を上手に取り込めば暖房エネルギー消費を減らす効果がありますが、何も考えずに南側の玄関を取ると振りになる場合があるケースや省エネ住宅を全く意識しないで自由設計された建物は思いのほか暖房消費量が多くなるケースもあります。プランの打ち合わせの中でそういった良いも悪いもすべて検討していただければと弊社では考えています。山形で二世帯を建てる場合は家相を検討することも多いです。家相を考えたプランニングも承っております。お客様の想いをお聞かせください。

予算に合った家づくり

住宅を建てる上で一番大切なのは資金計画。まずは総予算を決め、融資を受ける場合は無理なく返済できる家づくりが重要だと考えています。それは銀行からいくら借りるかという事より大切なことです。専門のスタッフがお客様の将来のライフスタイルも念頭においたわかりやすいアドバイス、ご説明をいたします。